プロ依頼でデータ復旧が可能!スムーズに行うことができる

ビジネス向きの電子メール

メール

端末を問わずに利用可能

インターネットを介して通信できる電子メールは、専用のメールソフトを使ってメールサーバにアクセスする方式と、通常のウェブブラウザを経由してアクセスする方式の2種類があります。このうち後者を、一般にウェブメールといいます。ウェブメールは、指定されたサイトからIDやパスワードなどを使ってログインするだけでメールの作成や閲覧などができるため、手軽に利用できるという利点があります。文面は端末内部には保存されないので、別の端末に替えても作業が続けられます。そのため、職場で書きかけのメールを自宅で完成させたり、過去に受信したメールを外出先で読んだりすることも容易です。こうしたことから、最近では特にビジネスの世界において需要が高まっています。ウェブメールは複数のインターネットサービス事業者から提供されており、その多くは無料で利用可能です。ただ、無料である分保存できるメールの容量に制限があったり、広告メールが混入したりすることがあります。そのため、ビジネスユースの場合は有料のウェブメールサービスを利用する例が目立っています。有料版はセキュリティ面がしっかりしており、さまざまなカスタマイズも可能という点で高い評価を得ています。有料のウェブメールには、クラウドタイプとパッケージタイプがあります。費用はサービスの内容等によってまちまちですが、クラウドタイプであれば月額500〜1,000円、パッケージタイプであれば50〜70万円が標準的なところです。なお、これらはいずれも利用可能なアドレスが100件程度の場合です。

Copyright© 2018 プロ依頼でデータ復旧が可能!スムーズに行うことができる All Rights Reserved.