プロ依頼でデータ復旧が可能!スムーズに行うことができる

設定を変更しよう

パソコンを操作する人

不要な機能を無効に使用

パソコンを高速化するには大きく2つの方法がある。一つはパソコン本体のスペックをあげること、もう一つはパソコンの設定を変更することである。まずパソコンのスペックを上げる方法については、スペックをあげたい機能ごとに、交換する部品が異なる。全体的な動作の高速化を目指すのであれば、CPU性能の向上、メモリ容量の拡大、HDDのSSD化といったことがあげられる。映像関係の機能の動作を高速化するのであれば、グラフィックボードの性能向上があげられる。これらの手法は高速化に大きな効果をもたらすが、大きなコストがかかるという問題点がある。しかし、作業効率の向上度合いは良好なので、専門業者に依頼して高速化を試みるのも良いだろう。一方で、大きなコストをかけず、高速化をする場合にはパソコンの設定を変更することが簡単な手法である。設定変更も多くの手法があり、ここでは代表的なものを紹介する。一つは不要な常駐ソフトの動作を無効にすることである。パソコンは動作する上で多くの機能が動いている。その中で、実際に動かしているソフトとは別にユーザから見えないところで常に動いているソフトがある。この常駐ソフトが多く動作している場合は、メインで操作しているソフトにも大きく影響が出る。そこで常駐ソフトから不要なソフトを無効にすることで高速化を図ることができる。また、他の手法としてはパソコンにはユーザに視覚的にわかりやすくする機能が数多く備わっており、この機能を必要ないものについて無効にすることでも高速化を図ることは可能である。他にも多くの設定を無効にすることで高速化を図ることは可能であるが、注意したいのは機能を無効にすることでユーザを手助けする機能が失われていくことである。そのため、高速化を優先するあまり機能を無効にすると逆に使い勝手悪くなり、全体として作業パフォーマンスが落ちることがあることを注意したい。そのため自分にとって不要な機能のみを無効化することが大切である。

Copyright© 2018 プロ依頼でデータ復旧が可能!スムーズに行うことができる All Rights Reserved.